中央政策研究所 中央政策研究所 中央政策研究所
  
     link サイトマップ
     link お問い合わせ

アニマルズ119
 
space
調査・研究・政策提言
 
line
  主要各国における医療の経済的状況(満足度の高い国々+日本):13) :フィンランド
line
フィンランドの満足度ランキング
 
地域の医療における質と利便性
に対する満足度
国の医療制度に対する信頼度
満足度 順位 信頼度 順位
66% 20位/30カ国 85% 5位/30カ国
 
「Perceptions of Local and National Healthcare among OECD Countries」
   surveys conducted in 2008 GALLUP POLLより

フィンランドのデータ・ピックアップ
 
GDP 人口 高齢化率 GDP/人口 人口/医師数 医療費
公的負担率
202,337
百万US$
531.3万人 16.6% 38,080US$ 367.6人 73.8%
 
「OECD. StatExtracts」より2008年データを引用

フィンランドの医療制度改革概況
 
内容
1960年代 国民健康保険(NHI)制度導入
1972年 プライマリヘルスケア法制定
健康センターで、初診を含む住民の健康管理を行うよう自治体に義務付け、以降、医療関連施設の整備が進む
1974年 病院のケアについても、国家プライマリヘルスケア計画に組み入れる
1993年 国から自治体に実際に費やされた一次医療、二次医療に医療費を助成するシステムを改め、人口統計などに基づく包括的な助成に切り替え 以降、国と自治体の負担割合は都度見直し
2010年 待機期間の短縮等医療サービス改善を目的とする保健ケア法制定
 
フィンランドの医療費、税の推移
フィンランドの医療費、税の推移
 
「OECD. StatExtracts」、「Global Health Expenditure Database」(WHO)より

line
  ・社会保険料率は横ばい、所得税率は低下傾向
・消費税は22%で推移
・医療費対GDP比は2007年からやや上昇傾向、一般歳出比は2005年以降ほぼ横ばい
・医療費財源は税金がメイン(6割)で、社会保険:15%、残り約25%が患者負担
・自治体の判断により一部の地域で家庭医制度を導入
 
★フィンランドと日本の比較(2010年時点)
  フィンランド 日本
社会保険料率 7.1%  13.1%  +6.0% 
所得税率 22.0%  7.7%  +14.3% 
消費税率 22.0%  5.0%  +17.0% 
 
  ・人口統計などに基づく“包括的”な医療費助成制度が特徴で、医療費を予算化している
   という点が特徴として挙げられる
line
line
 
            一般社団法人 中央政策研究所             東京都千代田区永田町2-9-8-901 TEL:03-3581-5552 FAX: 03-3581-7030    
                                  名古屋支部    名古屋市中区丸の内2丁目19-25-9F TEL:052-253-5137 FAX: 052-253-5138    
中央政策研究所
Copyright. The National Policy Research Institute, All Rights Reserved.    
space
space space