中央政策研究所 中央政策研究所 中央政策研究所
  
     link サイトマップ
     link お問い合わせ

アニマルズ119
 
space
調査・研究・政策提言
 
line
  主要各国との比較における日本の医療制度周辺環境の特徴:要約
line
主要各国との比較における日本の医療制度周辺環境の特徴
 ■債務対GDP比 日本の債務対GDP比は、2009年時点において、183.5%となっており、OECD諸国で突出して高い
 ■歳入項目比率 日本の歳入項目比率は、他国と比較して、各項目への依存度に大きな偏りがない。
 ■家計支出 日本の家計における税・社会保障負担割合は、OECD平均26.1%より少ない21.0%である 。
矢印
医療制度周辺環境から見た日本の課題
 ■債務対GDP比 経常黒字で金融資産があり、危機的状況ではないという視点もあるが、高齢化率向上などによる社会保障関連の歳出増加、経済成長維持のための歳出増加に備え、国のバランスシートの中身を見直す必要があるといえる。
 ■歳入項目比率 2014年、2015年に予定されている消費税の引き上げ後、他国と同様、消費税への依存度が高まることが予測できるが、消費税以外の歳入項目について見直しを図るか否か検討の余地があるといえる。
 ■家計支出 税・社会保障の負担割合を引き上げると、可処分所得が目減りして、消費税による歳入額にも影響を及ぼすことから、国の歳入を増加させるとするならば、直接税と間接税のバランスをいかにとるかが課題となる。
line
line
 
            一般社団法人 中央政策研究所             東京都千代田区永田町2-9-8-901 TEL:03-3581-5552 FAX: 03-3581-7030    
                                  名古屋支部    名古屋市中区丸の内2丁目19-25-9F TEL:052-253-5137 FAX: 052-253-5138    
中央政策研究所
Copyright. The National Policy Research Institute, All Rights Reserved.    
space
space space